夫婦のカタチ

セラピストかなこのブログ

理想の夫婦って、どんなものを描きますか?

 

私はね、10組の夫婦があれば10通りの理想のカタチがある、と思っています。

 

夫と妻でその理想が違ったりもしますね。

 

少女漫画が大好きで育った私。

 

漫画のようにお互いに愛し愛されて、言葉でも態度でもわかりやすく伝え合えるパートナーシップが理想だと思っていました。

 

私の両親は少女漫画のような感じでは全然なかったけど(笑)

 

それが、結婚してみて、あれ?なんか違うな。

 

ということが増えてきて、私を理解してくれる人のはずなのに、言っても言ってもわかってくれない。なんだろうこの埋まらない溝は。

 

ということが積み重なっていきました。

 

子供ができてからは、私の気持ちにも変化があり、夫婦としてだけでなく、家族としての未来を夫と共有できないいらだちを日々感じていました。

 

いつの間にか、私の心は被害者意識でいっぱいに。

 

相手を頭ごなしに否定することで、必死に自分の正当性を守ろうとし、いさかいの絶えない暗黒時代を長く迎えることになります。

 

当時の夫が家に入れていたお金は3万円。

 

しかも、夫の税金や保険料はそこから払わなきゃいけない。

 

私は公務員でお給料をしっかりもらっていましたから、それでも日々を生きていくことはできました。

 

でも、夫という存在がありながら、家族の未来を一緒に描くことができない。

 

さらに、お金の余裕がない、夫からの理解もない、家庭のことを協力できない、という事実は確実に私を蝕んで行ったと思います。

 

それが今、これが私の望む夫婦のカタチだ!とうものを手に入れることができました。

 

それは、夫のアスペルガー的特性をいかし、私のやりたいこともやれるカタチです。

 

今日、夫との話し合いの前に、自分で長女を生んだ頃の私をイメージしてリプログラミングセラピーを施しました。

 

長女を抱っこしながら、誰からも理解されないことの苦しみの渦中にいる私に、私自身が寄り添い、抱きしめ、一緒に涙を流しました。

 

そして自分の中に、その過去の自分を取り戻したとき、すーっと心が落ち着くのを感じました。

 

それから、夫に今の私の考えを正直に伝えたんです。

 

そして、夫のことが理解できないということ、夫が私を理解できないというのもわかっていること。

 

でも、そんな夫のことを受け入れていること。

 

そして、どういうかたちで私に協力してほしいかということ。

 

さらに、それは夫の特性を尊重し生きたい生き方も実現しながらできることだということを、丁寧に伝えました。

 

そしたらね!伝わったんですよ。

 

過去の出来事、被害者意識、罪悪感、すべて手放したら、今の私たち夫婦で協力して築ける夫婦のカタチを夫自身もそれがベストだと判断してくれました。

 

長かったけど、、、今、ただただ、私の希望を受け入れてくれた夫に感謝しています。

 

自分の今まで紆余曲折歩きた道のりが、今ようやく実を結んだことが本当に信じられないくらいで嬉しいです。

 

当初の理想とはずいぶん違う、今の夫婦のカタチ。

 

私は何とも言えない充実感を得ています。

 

潜在意識が変われば、目標や理想は自ずと変わっていく。

 

それでいいんですよね。

 

心の平安に向かって、進んで行きましょう。

 

夫婦関係を改善したいという方は、リプログラミングセラピーをお薦めしますよ。

 

特別なメソッド、リプログラミングセラピーによる潜在意識へのアプローチで理想の夫婦のカタチだけでなく、自分の望む生き方も見つめて行くことができます。

 

受けてみたい方はぜひご連絡くださいね。

ご予約・お問い合わせ
ご予約の方は、希望セッション・講座名とご希望日時をいくつか記入してください。 こういう場合はどのセッションがおすすめ?などといったお問い合わせもお気軽にどうぞ。 すぐに返信できない場合がございますので、お急ぎの方は直接お電話くだ...
タイトルとURLをコピーしました